スピリチュアル

チャクラとは何か?スピリチュアルな意味や整えたり強化する方法は?

投稿日:

チャクラとは元々インドに伝わる概念で、身体に複数ある重要なポイントを指す言葉です。

日本では、ヨガでチャクラの概念が使われたり、アニメにもなった少年漫画「ナルト」で「チャクラ」という言葉が出てきたので、ご存知の方もいらっしゃるでしょう。

日本語にすると「車輪」という意味で、チャクラが回転する様を見立てた言葉です。

英語では「センター」とも呼ばれており、その言葉がそのまま、身体の重要なポイントであることを意味しています。

チャクラは心身の健康を司る

チャクラは開いたり閉じたりします。

そのことを表すために「花」に例えられることが多いです。

多くの場合、身体にある7つのチャクラの開き方がそれぞれ異なり、この違いが調子を崩していると考えられています。

身体を健康に保つためには、チャクラの開き方を合わせる必要があります。

チャクラがあまり開いていないとしても、7つ全てのチャクラの開き方が同じであれば、身体のバランスは維持されます。

逆に、いくつかのチャクラは大きく開いているのに、その他のチャクラが閉じていたりするなどで開き方が合わないと、身体のバランスが崩れ、気が乱れることになります。

チャクラの形・機能

チャクラの形は「花」に例えられる、と先程も説明しましたが、実際にチャクラとはどのような形をしているのでしょうか。

チャクラとは、身体を正面から見た時に、前面と背面に向かってラッパを2つ繋げたような形で示されます。

身体の中心、背骨のあたりにラッパのつなぎ目がくる形で、前と後ろにラッパが大きく開いているような状態です。

このラッパの部分が、花で言う「花弁」にあたり、これが大きく開くか、小さく開くかでバランスが変わってきます。

チャクラにはそれぞれの部位によって役割があり、大きく開いていれば、その役割を活発にするべくサポートします。閉じている場合は、その活動は低調になります。

チャクラとヨガの関係

ヨガを行うことで、チャクラのバランスが取れて活性化すると言われています。

そもそも、ヨガは身体のバランスを整えるものであり、身体のバランスを整えるとは、チャクラのバランスを整えることにも繋がります。

チャクラもヨガもインドで開発された概念ですから、その体系も密接に関連していると言えます。

ヨガでは呼吸が大事です。同様に、チャクラのバランスを取ることも、呼吸と関係があります。ヨガのポーズを取りながら正しく呼吸を行うことで、バランスの乱れたチャクラが整っていきます。

チャクラと経絡の関係

中国では「経絡」という概念がありますが、この「経絡」と「チャクラ」は同じものなのでしょうか。

答えは「似て非なる」といったところでしょうか。

経絡は、身体の表面を区分けして、ある部分は内臓のどこに対応しているかを示します。

そして、区分けの中でも重要な部分にチャクラがあります。ですので、チャクラは経絡というよりは、「ツボ」に近い概念なのだと言えそうです。

忘れてはいけないのが、チャクラは立体的であり、身体の表面に位置するものでは無いということです。大きく立体的に身体の前面と背面にあるので、その部分は経絡とは異なります。

チャクラが閉じることで起きる弊害とは

チャクラはそれぞれの大きさを揃えてバランスを取ることが大事だというお話をしました。

では、全てのチャクラが等しく閉じてしまったら、どうなるのでしょうか。

チャクラが閉じる時、それは身体が魂を失った時です。人は死ぬと、チャクラも活動をやめ、段々と薄れていきます。

健康な人が突然チャクラが閉じるで急死するということはありませんが、いくつかのチャクラが急に閉じていって不調をきたす、ということはあります。

そのような場合は、チャクラを再び開かせるようにヨガを行なったり、直接、チャクラをヒーリングするなどします。また、チャクラの不調を取り除くために、呼吸法や生活を見直すなども、良いことです。

チャクラの名称とスピリチュアルな意味

チャクラの名称は、サンスクリット語のものと英語のものが知られています。

また、単に「第一、第二」と数字で表されることも多くあります。名称で記述すると、特にサンスクリット語の場合は、どのチャクラを表すのかわかりにくい、といったこともあるようです。

それぞれのチャクラの名称と、スピリチュアルな意味などを解説していきます。

第1チャクラ:ムーラーダーラ・チャクラ(ルートチャクラ)

第一チャクラを表す色は赤、一番低い位置にあるチャクラです。

会陰にあると言われており、腎臓や肝臓、坐骨神経、本能的な部分に関係します。

第2チャクラ0第6チャクラまでは、それぞれのチャクラが身体の前面と背面でラッパを繋いだような形で存在しますが、この第1チャクラと第7チャクラだけは対になっており、身体の中心を貫くように繋がっています。

これは、天と繋がるチャクラである第七チャクラと、大地と繋がる第一チャクラを結ぶことで、天地のバランスを取っているからです。

そして、身体の中で天地のエネルギーのバランスを取ることで、宇宙のエネルギー「神性」が育まれることになります。

第一チャクラが弱まると、大地のエネルギーを取り込むことができなくなり、生きるためのエネルギー、「生気」が損なわれます。

そのため、心と身体のバランスが悪くなり、生きる気力が無くなったり、病気になりやすくなります。

第一チャクラを安定させるには、アンジェリカ、ローズウッド、レモングラスといったアロマを炊きます。

第2チャクラ:スワーディシュターナ・チャクラ(セイクラルチャクラ)

第二チャクラを表す色は橙(オレンジ)、おへその少し下の「丹田(たんでん)」と呼ばれる場所にあると言われており、骨盤、生殖器系、泌尿器系、腰部に関係します。

第二チャクラが弱まると、男性性、女性性が弱まり、セクシャリティが曖昧になったり、逆にセクシャルな面で奔放になりすぎたりします。

また、創造するエネルギーを司るため、生み出す力、運を高めたり、豊かさを創造したり、アイデアを出すといった能力が低くなります。

第二チャクラを安定させるには、オレンジやマンダリン、クラリセージ、イランイランといったアロマを焚きます。

第3チャクラ:マニプーラ・チャクラ(ソーラープレクサスチャクラ)

第三チャクラを表す色は黄、太陽神経叢(たいようしんけいそう)と呼ばれる部分にあると言われ、自己のアイデンティティや意思力、勇気などを司ります。

身体の部位では、胃や膵臓、腎臓、肝臓といった臓器に関係します。

第三チャクラが弱まると、意思力が弱まったり、決断できない、勇気が出ない、自己否定感が強まる、自己承認感が低くなるといったことがあげられます。

また、胃痛や糖尿病、腎臓や肝臓が疲れやすくなるといったことがあげられます。

第三チャクラを安定させるには、ペパーミント、セージ、イランイラン、ネロリなどのアロマを炊きます。

第4チャクラ:アナーハタ・チャクラ(ハートチャクラ)

第四チャクラを表す色は緑、またはピンクで、胸の中心部にあると言われており、ハートを司ります。

愛と人間関係のチャクラと言われており、恋愛関係などは、このハートチャクラが関係します。

また、第一チャクラで取り入れた大地のエネルギーと、第七チャクラで取り入れる天のエネルギーが交錯する場所でもあります。

身体の部位では、心臓や肺、血液などの臓器に関連します。

第四チャクラが弱まると、相手の気持ちを汲み取ることができにくくなり、自分本位の行動をしたり、他人の迷惑を顧みないような行動をするなど、サイコパス的な状態になります。

また、心臓や肺の炎症、血液の病などを起こしやすくなります。

第四チャクラを安定させるには、ローズ、ジャスミン、サンダルウッド、メリッサ、マジョラムといったアロマを炊きます。

第5チャクラ:ヴィシュッダ・チャクラ(スロートチャクラ)

第五チャクラを表す色は青、または群青で、喉の中心部にあると言われており、コミュニケーションを司ります。

自分を表現することを仕事にしている人、芸能人、タレント、アーティストは、この第五チャクラが大きく開いていると言われています。

身体の部位では、口の内部、後頭部、気管支、甲状腺、首などに関連します。

第五チャクラが弱まると、自分の意思を伝えることがうまくできなくなったり、コミュニケーションが難しくなるなどします。

また、自分を表現することが面倒になり、引きこもったりすることもあります。

身体に関係することでは、口内炎ができたり、甲状腺が炎症を起こしたり、首を寝違えるなどといったことが起こりやすくなります。

第五チャクラを安定させるには、ティーツリー、サイプレス、ジュニパー、シダーウッド、セージなどのアロマを炊きます。

第6チャクラ:アージュニャー・チャクラ(ブラウチャクラ)

第六チャクラを表す色は紺または藍、眉間の中心にあると言われており、第六感、直感、知恵、記憶、判断力などを司ります。

いわゆる「第三の目」というのは、この第六チャクラがある場所を指し示しています。透視する能力は、この第六チャクラが開くともたらされるとも言われています。

身体の部位では、大脳、小脳、視床、松果体、目、耳、鼻などに関連します。

第六チャクラが弱まると、忘れっぽくなったり、判断力が低下したりします。

エゴイスティックになるため、自我が強まり、妄想に溺れるなどの症状が出やすくなります。

また、精神的な世界と物質的な世界のバランスが崩れやすくなり、精神的な世界にはまり込んでしまったり、逆に物質的なことばかり意識するようになります。

第六チャクラを安定させるには、タイム、ラベンダー、ロータス、フランキンセンスなどのアロマを炊きます。

第7チャクラ:サハスラーラ(クラウンチャクラ)

第七チャクラの表す色は紫、頭頂にあると言われており、天に向かって大きく花が咲いているような形で存在すると言われています。

第一チャクラと対になっており、天のエネルギーを取り込みます。また、身体のエネルギーを回すためにエネルギーを放出する場所でもあります。

身体のエネルギーは第七チャクラから放出され、卵型に身体の周りを取り囲み、第一チャクラへ吸収されていきます。

第七チャクラが関連する身体の部位は、脳、神経、精神、皮膚と言われています。

第七チャクラが弱まると、心身のバランスを崩しやすくなり、メンタルが弱くなったり、自分が自分でないように感じたりします。

また、スピリチュアルな世界との繋がりも感じ取りにくくなり、見放されたように感じたり、孤独感が強くなったりします。

身体への症状としては、脳の病気や皮膚の病気、短期間で髪が白くなるなどの現象が起きやすくなります。

第七チャクラを安定させるには、ミルラ、ロータス、イランイラン、サンダルウッドなどのアロマを炊きます。

チャクラを整えて強化するには

チャクラを整えて強化するには、いくつかの方法があります。

自分でやりやすいものを取り入れて、日頃の習慣にしていきましょう。

瞑想を行う

瞑想は、ただ目を瞑ってじっとしているだけではありません。

呼吸法を合わせて行い、思考をできるだけ静かに保つことが重要です。

椅子に座るか、もしくは床であぐらを組んで座ります。

両手は親指と人差し指の先をつけて輪にし、両足の太ももの上に起きます。目は閉じるか、半眼にします。

そのまま、身体の中の空気を抜くようにゆっくり吐きます。

息を吐ききったら、鼻から4秒かけて息を吸い込みます。1秒止めて、8秒かけて口から息を吐きます。

この時、口を大きく開けて吐くのではなく、口を薄く開いて吐くのがコツです。この呼吸を繰り返します。

呼吸を意識せずできるようになったら、意識に浮かんでいる様々な考え、思考と一旦、考えないようにします。

思考が浮かんできたら、それについて考えるのではなく、横に置くようなイメージで、考えるのをやめます。

いずれ穏やかに何も考えない時間ができるので、その状態を保ちます。

瞑想を終了する時は、呼吸に意識を合わせ、ゆっくりと目を開きます。軽くストレッチをして終わります。

思考を止めるということは、数回やってみた程度ではできないかもしれません。

何度も練習することが大事です。瞑想を行う時は、チャクラに対応したアロマを焚くと、効果が高まります。

ヨガを行う

ヨガを行うことは、瞑想するよりも簡単に感じるかもしれません。身体を動かしているので、意識が身体へ向きやすく、他のことを考えられないからです。

ヨガのポーズを取る時も、呼吸が大事なポイントとなります。

ヨガの動作と呼吸は対になっていますので、ゆっくり練習しながら行いましょう。ヨガスタジオも各地にあるので、ヨガスタジオで習うのも良いですね。一緒に練習する仲間がいると、習得も早いです。

ヨガにはいくつかの流派があるため、ヨガスタジオなどで習う場合は、どの流派のヨガを教えているのかをきちんと調べていきましょう。

ホットヨガは、通常のヨガとは別物になりますので、避けてください。

霊気(レイキ)を行う

レイキを行うことも、チャクラを整えるには良い方法です。

レイキは、日本人の臼井甕男(うすいたかお)氏が考案したエネルギー療法です。

個人の才能などは関係なく、伝授を受ければ、誰でも使うことができるようになります。

レイキを持っている人は、手のひらからじんわりとエネルギーが放出されるのを感じ取ることができます。

レイキの基本の12ポジションを行うことで、チャクラを整えることができます。特に整えたいチャクラがある場合は、12ポジションを終えた後に、個別にレイキを流しても良いでしょう。

チャクラごとにシンボルを描いてレイキを流すことも、効果的です。

パワースポットに行く

気のエネルギーが強いパワースポットに行くことでも、チャクラのエネルギーを整えることができます。

特に、神社仏閣などは、チャクラに必要なエネルギーであったり、天地のエネルギーバランスを整えたりしてくれるのでおすすめです。

また、自然を感じられるところも、チャクラを整えるのには良いでしょう。

山でキャンプをしたり、海で海水浴をしたりするなど、自然と触れ合うことでチャクラが整います。

ご当地の名物となっている食べ物を食べることも、チャクラを整える上で重要なポイントです。

その場のエネルギーを身体に直接取り込むことで、チャクラのエネルギーを活性化させることができます。

パワーストーンを持つ

パワーストーンを持つことは、チャクラを整える上で補助的な意味を持ちます。

パワーストーンは、私達の身体のエネルギーを整えますが、効果が持続する期間が短いため、すぐに交換しなければならないでしょう。

パワーストーンの効果は石の産地や形状によって代わりますが、よく見るブレスレットタイプのものは、通常で1年程度です。

1年使用したら全ての石を交換した方が良いので、消耗品だと考えたほうが良いでしょう。

パワーストーンの種類は、整えたいチャクラの色と同じものを身に着けます。

全てのチャクラを整えたい場合は、7色のパワーストーンを身につけることになります。

パワーストーンの日々の浄化は、水晶のさざれ石の上に置いたり、満月の夜に月光浴をさせたり、セージを炊いてスマッジングを行います。

また、やわらかい布で表面の皮脂汚れなどをこまめに拭き取るようにしてください。

チャクラを整えて心身を健康に保とう!

チャクラを整えることは、身体を整えること、そして精神を整えることに繋がります。

チャクラを整える習慣を身に着け、心身共にバランスの取れた生活を送ることができるようになりましょう。

-スピリチュアル

Copyright© 電話占い口コミランキング.com , 2018 All Rights Reserved.